HOME > アミーズグループ概要

アミーズグループ概要

司法書士法人アミーズ横浜事務所

設立

平成19年5月 アミーズ横浜司法書士事務所設立

平成22年12月 司法書士法人アミーズ横浜事務所に組織を変更

住所 横浜市西区北幸2-3-19 日総第8ビル3F
電話 045-312-3691
事業内容

司法書士業

(不動産登記、会社登記、遺言サービス、遺言執行、裁判、遺産分割調停など家庭裁判所手続き、自己破産・民事再生、任意整理、過払金請求など)

相続した不動産の登記の代行サービスを全国に向けて提供しています。
amis.or.jp

代表司法書士 佐藤 健太郎
代表司法書士 橋 和明

相続手続支援センター横浜駅前
 同センター・藤沢駅前相談室(いずれも株式会社プラトンが運営)

設立 平成22年2月(横浜駅前支店)  平成28年4月(藤沢駅前相談室)
住所 横浜市西区北幸2-3-19 日総第8ビル3F
神奈川県藤沢市藤沢607‐1 藤沢商工会館3F
電話 045-548-5020
事業内容

相続手続支援、相続に関する各種セミナーの企画・開催、エンディングノートの販売など。

代表取締役 佐藤 健太郎

司法書士として相続のお手伝いをするうちに、

「これでは、依頼者のニーズの沿ったサービスを提供できない、
依頼者にご満足いただくためには、司法書士事務所ではなく、別の組織が必要」と感じるようになり、
相続手続支援センター横浜駅前を設立しました。

司法書士は、相続人とのかかわりの中で、不動産の名義を変更する役割を担います。
その一方、「身内を亡くされた相続人の方々は、不動産の名義変更をして欲しいわけではない。
相続に直面しいろいろなことに困っている」といつも感じていました。不動産の名義変更にとどまらず、
各種相続手続をお手伝いするためには、
司法書士事務所の枠では不十分ですし、司法書士という肩書は、むしろ邪魔だと思うようになりました。

行政書士法人アミーズ

設立 平成26年5月
住所

横浜市西区北幸2-3-19 日総第8ビル3F

電話

045-534-4011

事業内容

相続人の特定のための戸籍の取寄せと調査  遺産分割協議書の作成など

相続のための戸籍謄本の取り寄せをサポートしています

代表行政書士 橋 和明   佐藤 絵里子

お身内を亡くされた方の相続手続きをトータルサポートするにあたり、
行政書士という国家資格者は必要不可欠の存在です。

行政書士法人アミーズは、相続手続きに必要な戸籍謄本等の取得や、
遺産分割協議書の作成を担当しています。
お身内を亡くされた方が、戸籍の取得などで煩わしい思いをしなくて済むように、
という想いから行政書士法人アミーズが誕生しました。

カエサル合同会社

設立 平成22年10月
事業内容 不動産賃貸・管理
執行社員 佐藤 健太郎

取引先

相続手続支援センター川崎駅前

相続手続支援センター横浜駅前に続き、平成25年にオープンしました。
川崎駅にすぐ近くの立地のため、
お仕事帰りのサラリーマンの方にも足を運びやすいと、大変好評です。

相続の無料相談、および手続を川崎市役所通り沿い、川崎区役所前でおこなっています。

平成28年には、
相続手続支援センター横浜駅前・川崎駅前に続き、
藤沢に相談室が開設されました。
「ひとりでも多くの方の相続の悩みを解消したい」
そんな想いを胸に、
相続専門相談員が、横浜・藤沢、川崎の3拠点で、みなさまのご相談を承っています。

相続手続支援センター藤沢駅前相談室のWEBサイト

 

アミーズの由来

平成19年5月。

司法書士としてのたくさんの願いを込めて、
「アミーズ横浜司法書士事務所」(現、司法書士法人アミーズ横浜事務所)を立ち上げました。

この事務所名には私なりのこだわりがあります。

「アミーズ」はフランス語の「amis」が由来です。
アミー(ami)は、フランス語で「友人」の意味です。

当事務所は、相談者にとって、友人のように相談や話をしやすい事務所にしたい。
法律に詳しい友人のように感じていただきたい。
そう思っていただけるサービスを提供したい。
こうした気持ちから、「アミーズ」と名付けました。

相続のこと、家庭のこと、借金のことなど、
プライベートにかかわることについて他人に話すことは、とても勇気のいることだと思います。

ですから、少しでも当事務所に親しみを感じていただき、
気持ちの上での抵抗を少なくしていただきたい。
相談者と当事務所が
「友人たち」になれるよう、「アミーズ(複数形)」
の名前にしました。

もう一つの理由は、妹が営んでいる美容院の名前が、「アミー(amie)」だからです。
妹の美容院と同じ名前で、私が司法書士事務所を営み、
兄妹それぞれが自分の道で頑張っている。

このことを司法書士試験合格を誰よりも応援してくれたにもかかわらず、
合格直前に亡くなった母に報告したい。そんな想いを込めて名付けました。

司法書士事務所としては、まだまだスタート地点に立ったばかりです。

有名な先生や大きな事務所から見れば、まだまだ「ひよっこ」かもしれません。
けれど、これから多くの方々と、人生を共有していきたい。

司法書士としての手続きでをただサポートするだけだけでなく、
その方や家族のその後の人生が豊かになるよう、
できる限りお手伝いしていきたいと思っています。


pagetop