手続きの流れがわかる| 不動産会社設立なら宅建業設立専門のアミーズ横浜司法書士

ページトップ

アミーズ横浜司法書士は会社設立で評判です。

不動産会社開業までの流れ

手続きの流れ

会社設立の手続きの流れをご説明します。
手続きには、当事務所が行うもの、お客様が行うもの、
当事務所とお客様が一緒に行うものがあります。

お客様   当事務所 が一緒におこなう
オレンジ
当事務所 がおこなう
お客様   がおこなう

会社設立までの5つのステップ

  1. 定款の打ち合わせ・作成・・・会社をつくる方と当事務所が一緒に
  2. 定款の認証・・・当事務所が公証役場へ
  3. 登記申請書と必要書類を揃える・・・会社をつくる方と当事務所が一緒に
  4. 法務局へ登記申請(会社設立の日)・・・当事務所が法務局へ
  5. 登記完了(法務局が手続き完了)

会社設立までのくわしいステップ

1. 会社の設立手続きについて検討する

会社を設立するためには、どのような手続が必要なのか、
どこに依頼すればいいのか、何をどうしたらいいのかなど、
情報を集める段階です。
ウェブサイト(司法書士・行政書士・税理士など)を検索したり、
知人に話を聞いてみたり、書籍を読んでみたりしながら、検討しましょう。

2. 無料相談・小冊子の請求・資料請求を利用してみる

「もう少し詳しく知りたい」 と思ったら、
無料相談を受けたり、小冊子を請求したり、メールレターに登録してみてください。
気になる事務所に、資料を請求してみるのもよい方法です。

当事務所の場合、次の資料を用意しています。
・会社設立チェックシート(会社の設立に際して、あなたが決める項目を挙げたシート)
・手続きの流れ
・申込み方法の案内(身分証明書などの必要な書類が書かれています)

3. 申込み

「よし、決めた!」と思ったら、2つの方法で申込みができます。

1. 申込みボタンから。
お問い合わせはこちら
2. 電話(通話料無料のフリーダイヤルから)
フリーダイアル0120-373-000(携帯電話からもつながります。)

当事務所からの連絡確認後、次のことを行っていただきます。
・委任状と、免許証写しを当事務所に送付
・着手金の振込(手続き費用残金は後日で構いません)

4. 会社の基本情報決定シートを送付する

着手金の入金の確認後、
当事務所からあなたに会社の基本情報決定シートを送付します。
ご不明な点などがありましたら、お気軽に相談してください。
相談は何度でも無料です。

ちなみに、基本情報とは、次のような項目です。
・商号
・資本金
・役員
・事業の目的
それぞれ項目に、決定に際しての注意事項が書いてあります。

5. 会社設立基本情報決定シートなどを返信する

会社の基本情報が決まりましたら、次の資料を当事務所宛に、送付してください。
・会社の基本情報チェックシート
・印鑑証明書(発起人といい、出資して株主になる人のもの)

6. 定款の作成&認証(1.〜5.のステップ)

定款の認証とは、公証人に、
「この定款はまちがいなく発起人(あなた)の意思に基づいて作成した物である」
と認めてもらうことです。

公証人が認めた定款は、
誰に対してもその書類が正式な書類であると主張できます。
法務局に会社を設立するための申請をする際、 定款を添付します。
その定款が正式な書類であることを法務局に証明するために、
公証人の認証が必要なのです。

  1. 定款案の作成

    会社の基本情報をもとに、当事務所が定款案を作成します。
    その後、あなたに確認していただき、
    双方でやり取りしながら定款を完成していきます。

  2. 公証人と打ち合わせ

    定款の内容が固まった後、
    当事務所が公証人と定款について打ち合わせを行います。
    この打ち合わせが済むと、定款の内容が決定します。

  3. 認証用の定款などをお客さまに送付

    定款の内容決定後、当事務所からあなたに宛てて、次の書類を送付します。
    A)認証用の定款
    B)添付書類
    ・就任承諾書
    ・登記委任状
    ・払い込み証明書
    ・発起人会議事録
    C)請求書(公証人の費用、司法書士の費用)

  4. 書類の返信と費用の送金

    3.の資料がお手元に到着したら、次のことをお願いします。
    ・定款と定款委任状に割り印をして、当事務所に返送
    ・費用の振込

  5. 定款認証

    当事務所が定款の認証を公証人に申請します。
    (通常はインターネットを使ってオンラインで申請します)。
    公証人が認証を済ませたら、
    認証した定款の写しを受け取りに、当事務所が公証役場に出向きます。
    この認証された定款の写しが登記申請に必要になります。

7. 資本金の払い込み

定款認証後、資本金を発起人(出資をして株主になる方)の口座に入金します。
これは必ず定款の認証日以降に行うようにしましょう。

※この頃までに法人の実印が完成していると、 手続がスムーズに進みます。

8. 登記申請書類の返送

6.-3.でお客様に送付した次の書類などを、当事務所へ返送ください。
払い込み証明
・印鑑届け
・印鑑カード交付申請書
役員の就任承諾書
登記委任状
資本金証明書
発起人同意書
など
(クリックすると、書類の見本をご覧になれます。)

9. 登記申請書作成&登記申請

当事務所が、登記申請書類を作成し、法務局へ申請します。
登記申請日が会社の設立日となります。

司法書士が代理人として申請しますので、あなたにかかる負担はありません。
申請後に法務局とのやり取りが発生した場合も、
当事務所が窓口となって、法務局とやり取りを行います。

10. 登記完了

法務局が登記手続を完了すると、次のことができるようになります。
この日以降、次のようなことができるようになります。
・会社の名前で事業をおこなう。
・法人の名前で銀行口座を開設する。

お申込みはカンタンですいますぐ、お申込みをどうぞ!

1. お電話で

通話料無料のフリーダイヤル(携帯電話からもつながります。)

2. 下の申込みボタンから
お申し込みはこちら

まずは直接メールで質問してみる

(C) Copyright 2010 司法書士法人アミーズ横浜事務所 All rights reserved.

横浜・東京で不動産会社設立手続きをサポートしている宅建業専門司法書士です。